思い出の日にする

結婚式は新郎新婦にとって特別な日です。長い結婚生活の中で幾度となく思い出されることが多く、結婚生活のスタートにふさわしい一日だといえます。多くの参列者の前で結婚を誓い、多くの人に祝福してもらうことができます。そのため結婚式は二人にとって後悔が残るものになってはいけません。結婚式の日付は、結婚記念日として毎年お祝いをする夫婦も多いため、特に何も意味がないという日を選ぶ人のほうが少ないです。

結婚記念日を忘れてしまいがちな人の多くは、結婚式の日取りにこだわっていない人が多いです。いつまでも忘れずにお祝いできるよう、二人にとって思い出の日に結婚式を挙げるのもおすすめです。どちらかの誕生日、プロポーズをした日、二人が出会った日、二人が付き合い始めた日など二人にとって特別な日はたくさんあります。その日が偶然にも土日祝日だった場合は運命の日といってもいいでしょう。そんな日に巡り合えなかった人は、誕生日月など範囲を広めて決めてみましょう。

そのほかには忘れないためにも語呂合わせで決める人もいます。いい夫婦の日といわれる11月22日やどちらかの名前を数字に変換した日付など、結婚記念日が二人にとってまた一つの思い出となります。