繁盛期を避ける

結婚式は二人にとってとても大事な日です。いつにしたらいいのか迷ってしまいなかなか決められないという人もいるでしょう。どうしても明確な日があり。この日にやりたいという強い希望がある人もいれば、二人で相談していつでもいいと思っているカップルもいます。特にいつでもいいかなと思っているカップルはどうしても決断しにくくなってしまいます。そこで結婚式を決めるタイミングとして参考になるのが繁盛期を避けるという方法です。

結婚式場では繁盛期を閑散期があります。年中結婚式を行っているイメージですが、日本ならではの四季の影響により、春や秋が繁盛期となっています。そして夏や冬は比較的に閑散期となっている結婚式場が多いです。春や秋は季節的に過ごしやすく、特に秋は気温や環境の変化が少ない時期なので結婚式が集中しやすい時期になります。そのため結婚式の予約が埋まるのも早く、一年前から予約が埋まっている場合も多いです。

これに対して夏や冬は、気温が高すぎたり低すぎたりするため、避ける人が多いです。そのため結婚式場ではこの時期に行うカップルに対してほかの時期にはない特典を付けているケースが多いです。挙式の費用が0円になったり、標準プランにはない演出を無料で一つ選ぶことができたり、記念となるアルバムが半額になるなどがあります。よりいい条件で結婚式を挙げられることができるため、繁盛期を避けて結婚式の日取りを決めるのも一つのタイミングといえます。