繁盛期を避ける

結婚式は二人にとってとても大事な日です。いつにしたらいいのか迷ってしまいなかなか決められないという人もいるでしょう。どうしても明確な日があり。この日にやりたいという強い希望がある人もいれば、二人で相談していつでもいいと思っているカップルもいます。特にいつでもいいかなと思っているカップルはどうしても決断しにくくなってしまいます。そこで結婚式を決めるタイミングとして参考になるのが繁盛期を避けるという方法です。

結婚式場では繁盛期を閑散期があります。年中結婚式を行っているイメージですが、日本ならではの四季の影響により、春や秋が繁盛期となっています。そして夏や冬は比較的に閑散期となっている結婚式場が多いです。春や秋は季節的に過ごしやすく、特に秋は気温や環境の変化が少ない時期なので結婚式が集中しやすい時期になります。そのため結婚式の予約が埋まるのも早く、一年前から予約が埋まっている場合も多いです。

これに対して夏や冬は、気温が高すぎたり低すぎたりするため、避ける人が多いです。そのため結婚式場ではこの時期に行うカップルに対してほかの時期にはない特典を付けているケースが多いです。挙式の費用が0円になったり、標準プランにはない演出を無料で一つ選ぶことができたり、記念となるアルバムが半額になるなどがあります。よりいい条件で結婚式を挙げられることができるため、繁盛期を避けて結婚式の日取りを決めるのも一つのタイミングといえます。

思い出の日にする

結婚式は新郎新婦にとって特別な日です。長い結婚生活の中で幾度となく思い出されることが多く、結婚生活のスタートにふさわしい一日だといえます。多くの参列者の前で結婚を誓い、多くの人に祝福してもらうことができます。そのため結婚式は二人にとって後悔が残るものになってはいけません。結婚式の日付は、結婚記念日として毎年お祝いをする夫婦も多いため、特に何も意味がないという日を選ぶ人のほうが少ないです。

結婚記念日を忘れてしまいがちな人の多くは、結婚式の日取りにこだわっていない人が多いです。いつまでも忘れずにお祝いできるよう、二人にとって思い出の日に結婚式を挙げるのもおすすめです。どちらかの誕生日、プロポーズをした日、二人が出会った日、二人が付き合い始めた日など二人にとって特別な日はたくさんあります。その日が偶然にも土日祝日だった場合は運命の日といってもいいでしょう。そんな日に巡り合えなかった人は、誕生日月など範囲を広めて決めてみましょう。

そのほかには忘れないためにも語呂合わせで決める人もいます。いい夫婦の日といわれる11月22日やどちらかの名前を数字に変換した日付など、結婚記念日が二人にとってまた一つの思い出となります。

結婚式は晴れ舞台

これから結婚を控えているカップルにとって結婚式場選びはとても需要です。結婚式は一生に一度の晴れ舞台といわれています。そのため長い結婚生活の中で幾度となく結婚式を思い出すことがあります。その時に不満が多くなってしまうとのちの結婚生活にも悪影響を与えてしまいます。そのため二人にとって最高の結婚式にしなくてはいけません。

そこで妥協しない結婚式を挙げるためには、まず大事なことは結婚式をイメージすることです。季節や時間帯、結婚式場の雰囲気などお互い理想をたくさん上げていきましょう。その中で同じ意見を重要視して、理想の結婚式を挙げられる式場を探しましょう。

結婚式場の変更はキャンセル料が発生するため慎重に選ばなければいけません。しかし人気のある季節、友引、大安といった縁起のいい日はどうしても予約が早く埋まってしまいます。どうしても譲れない部分であれば、一年ぐらい前から式場予約に向けて活動しましょう。

また結婚式の主役は新郎新婦ですが、二人にとって大事な人たちが参列者として出席しています。特に身内は二人を誰よりも祝福しています。そのため身内の仕事の都合や遠方の参列者のことを考えて、日帰りでもなるべく負担がない時期や時間帯を選ぶことも大事な気配りの一つです。